バーチャルオフィスで法人登記しよう

会社設立は定款を定めた後に公証人役場で定款認証を受けて、認証を得られた後に資本金の払込みや通帳の記帳を済ませ、会社の本店住所を管轄としている法務局で法人登記を行うなどの流れで会社を作る事を意味しています。設立するにあたり自宅を職場にしている場合は、会社の本店住所は自宅の住所として定める必要があります。自宅の住所を定款の中で定めた場合、名刺やホームページなどには会社の住所として自宅の住所を記載する事になります。特別こだわりがない人は別にしても、こうした媒体に自宅の住所が記載されていると、個人情報が洩れてしまう、漏洩の心配も出て来ます。バーチャルオフィスは会社設立を行う時にも利用する事が出来のも魅力ですが、有名な場所の住所を借りる事が出来るなどの魅力もあります。

オフィスを借りる時の初期費用を抑える事が出来ます

会社設立登記にも使う事が出来るバーチャルオフィスは、住所や電話番号をレンタル出来るオフィスです。サービスプランとしては、電話の転送サービスや郵便物などの転送サービスなどが含まれているものが用意してあり、月額数百円から数千円の料金でオフィスに最小限必要なサービスを受ける事が出来ます。但し、郵便物の転送サービスは1通当たりの単価が決まっているので、単価の比較をしておく事や料金プランはそれぞれのバーチャルオフィスで異なるので比較をしておく必要があります。尚、サービスプランの中には住所だけを貸して貰う事が出来る、リーズナブルな料金で利用出来るプランも用意してあります。設立登記を行う時には何かとお金が掛かるので、初期費用を節約したい人などにもお勧めとなるオフィススタイルと言えましょう。

人気エリアのオフィス住所を借りる事が出来ます

バーチャルオフィスは都心部にある会社が住所や電話番号をレンタルするサービスです。サービスを提供している会社が銀座にあれば、銀座の住所を利用して設立登記が出来ますし、品川や六本木、渋谷や新宿など人気エリアにオフィスを構える事が出来るなどの魅力もあります。最近は、レンタルオフィスのサービスを提供している会社も多くなっていますが、レンタルオフィスの場合はオフィス空間がある、貸し会議室や商談を行うためのスペース、ミーティングや会議などを行う事が出来る施設も完備しています。こうした会社のサービスを利用する事で、住所や電話番号だけを借りるのではなく、合同会社を設立した時などのミーティング会場の場として活用する事も出来ますし、オプションを選ぶ事で便利なサービスを併用出来るなどのメリットもあります。